TOP競技レポート記事一覧 > 競技レポート詳細

来田啓幹選手「第14回全日本パラ卓球選手権大会」男子ダブルスで優勝・混合ダブルスでも3位入賞

2022.11.22

男子ダブルス表彰式(右から2番目が来田選手)

2022年11月19日~20日に、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「第14回全日本パラ卓球選手権大会」に、来田啓幹選手が出場しました。来田選手は、男子シングルス、男子ダブルス、混合ダブルスの3種目に出場し、男子ダブルスで優勝、混合ダブルスで3位と好成績を残しました。

■来田選手結果
男子シングルス(クラス7) ベスト8
男子ダブルス(合計14以下の部) 優勝
混合ダブルス(合計17以下の部) 3位

■来田選手コメント
1日目に行われた男子シングルスは、コンディションを上手く調整することが出来ず、自分の卓球が出来ないまま敗退とりました。来年リベンジ出来るよう日頃から意識して練習に取り組みます。
2日目に行われた男子ダブルスと混合ダブルスは、休息が取れたことでコンディションが戻り、好成績を残すことが出来ました。
今大会は、パリパラリンピックと同様の種目(混合ダブルスが新種目・男子ダブルスはカテゴリーが変更)での開催となりました。
男子ダブルスでは、9月に開催された「第1回パラ卓球ダブルス大会」に続き、優勝出来た事は非常に自信になりました。お互いが9月の大会の課題をクリアして臨めたことが勝因の一つだと思います。来年は、連覇出来るよう精進してまいります。
今後とも、応援の程宜しくお願い致します。


大会情報(日本パラ卓球協会公式HP)

        混合ダブルス表彰式