TOP競技レポート記事一覧 > 競技レポート詳細

円尾敦子選手が「ITUワールドパラトライアスロンシリーズ」の初戦を終える

2020.03.03

円尾敦子選手が、2020年2月29日にオーストラリアで開催された「ITUワールドパラトライアスロンシリーズデボンポート大会」に出場しました。
大会を終えた円尾選手から、コメントが届いています。

○円尾選手のコメント
無事、今シーズン初戦を完走しました。
冬場のトレーニングを頑張った結果、今回はスイムで2位だったのですが…
バイクで抜かれて4人中4位となりました。
だけど、それでも4位のポイントが加算される予定です。
今日は水温18度、しかも強風で波もそこそこありましたが、安定のガイド菊池コーチの背中に安心感をもって走れましたが、敗因はおそらく私が彼女のバイクテクニックについていけてないから、2人のパワーが活きていないのかなと思います。
次のアジア選手権までに、より速く走れるように、トレーニングを考えていきたいと思います。でも、何より冬場寒い中でも頑張って練習したことがこんなに成果として現れてくれたことが、本当に嬉しかったです!
このオフシーズンの練習にご協力いただきましたみなさま、物品サプライヤーのみなさま、本当にありがとうございました!
これで勢いつけて、なんとか東京行きの切符、手に入れます。

       自転車の後方が円尾選手

○円尾敦子選手タイム
全体タイム01:22:22 スイム00:12:36 バイク00:39:25 ラン00:24:13
トランジション00:00:52、00:01:27